包茎手術も検討するしかない

ED治療薬でもEDを治療できないときは肉体的な問題より精神的な問題を疑う必要があります。
治療薬による半強制的な勃起は確かにED状態でも効果はありますが、あくまでその強力な効果は一時的なもので薬の効き目が切れると再びEDになってしまいます。

ED治療薬を服用したことで次回以降から薬に頼らずとも勃起するようになれば問題ないのですが、そうならなければED治療薬の服用は控えた方が吉です。
なぜならED治療薬は副作用が大きく、場合によっては死ぬ可能性がありますし、費用も精力剤と比べても倍近く高いです。

つまり、精力剤やED治療薬でも治療できない時は、長茎手術を受けるか、包茎ならば包茎手術を受けてEDを治療しましょう。

ペニスを長くしたり、包茎を治療することで自分のペニスに対して自信を持てるようになり、その自信が精神的なEDを治療するカギとなります。

精神的なEDの解決法はリラックスか性交に対するネガティブイメージの除去です。
包茎を治療するということは「相手を失望させないペニスを持っている」という自信ができ、それは落ち着いて性交でき、なおかつ性交に対してマイナスなイメージを抱きにくくなるのです。

そもそもED治療薬を使うと勃起するのに、使わないと勃起しないというのは医学的に見て肉体的には問題はないと判断されます。
つまり、バイアグラなどを使っても治らないEDの原因は精神的なことが原因です。
なので、このようなEDは長茎手術を受けたり包茎手術を受けることで対処しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ